お気軽にご相談下さい。営業時間:AM10:00~PM7:00

空き家放置のリスク

空き家数は年々増加。空き家のまま放置すると人が住まなくなった空き家は傷みの進行が早い。

  • 雨樋の破損
  • 屋根瓦の劣化やずれ
  • 雨漏りによる天井や床の腐朽
  • 動物の棲家に
  • 湿気や虫害による土台の腐食
  • 窓ガラスの割れ
  • 内壁の剥がれ
  • 玄関ドアの損傷
  • 外壁の汚れや破損
  • 樹木や雑草の繁茂
  • 隣地や道路へのはみ出し
  • 屋根や外壁材等の落下・飛散事故
  • 老朽化による倒壊事故
  • 放火等による火災
  • 不審者の侵入や不法滞在
  • ゴミの放置や投棄
  • 防災性・防犯性が低下。
  • 景観に悪影響
  • 空き家の増加を誘発
  • 京都市空き家の活用、適正管理等に関する条例に基づく指導等の対象。
  • 維持管理費・改修コストが増加。
  • 空き家に起因する事故や災害等が起きた場合の損害賠償を請求。
  • 固定資産税等の税負担が増加する可能性。

京都市地域の空き家相談員

賃貸運営・管理

京都市地域の空き家相談員とは

空き家相談員とは、空き家所有者や地域の方からの空き家に関する相談に応じる相談員です。一定の研修を受け、京都市から登録されています。

自身のため、地域のために空き家を活用しましょう!

京都市地域の空き家相談員 山科第2803-019号 滝本 昌幸